医療機関
主な泌尿器科の病気
泌尿器腫瘍
尿路性器感染症
小児の泌尿器科疾患
尿路結石症
血尿
■副腎の病気
副腎腫瘍
■腎臓の病気
腎腫瘍
腎移植
■尿管の病気
膀胱尿管逆流(VUR)
■膀胱の病気
膀胱炎
膀胱がん
尿失禁
過活動膀胱
間質性膀胱炎
■前立腺の病気
前立腺肥大症
前立腺がん
■小児の病気
夜尿症
小児の包茎
亀頭包皮炎
陰嚢水瘤
停留精巣
■性感染症
尿道炎
■ED
ED
亀頭包皮炎・包茎
*亀頭包皮炎とは:
小児ではおちんちんの先(亀頭)は、ふつう包皮で包まれています(生理的包茎)。包皮を少しめくると亀頭があらわれます。亀頭と包皮の間に“あかや“かす”がたまりやすく(恥垢)、そこに細菌が繁殖して亀頭皮膚と包皮に炎症を起こしたものを亀頭包皮炎といいます。

*症状:
おちんちんの先が赤くはれて膿が出たり、おしっこの時に痛がったりします。おむつやパンツに黄色い膿が付くこともあります。

*治療:
抗菌薬の内服や外用剤(塗り薬)で治療します。
また、局所の清潔を保つことも大事です。オムツをしている赤ちゃんの場合はこまめにオムツを交換すること、幼児の場合は汚れた手でおちんちんをさわらせないようにするなど、基本的なことですが大切なことです。
さらに亀頭と包皮の間の‘あか’や‘かす’をためておかないように、入浴時に時々無理のない範囲で包皮をむいて洗うようにしましょう。ただし無理に包皮をむくと、時に包皮が戻らなくなり血行障害を起こすことがあるので(嵌頓包茎)、気をつけましょう。 熱があって入浴できないとき、下痢が続くような時は、お風呂に入れないまでも、シャワーでおちんちんや陰のうを洗ってください。

*ポイント:
手で包皮をむいても亀頭が顔を出せないものを真性包茎と呼びます。成人となると自然と包茎は治癒していきますが、真性包茎で亀頭包皮炎を繰り返す場合や、おしっこが出にくい場合には手術を行う事があります。
福岡県泌尿器科医会事務局 〒812-0033福岡県福岡市博多区大博町1-8
Copyright © Fukuoka Clinical Urologist's Association 2013. All Rights Reserved.